SEO対策済みテンプレートって難しい

keni0007ホームページを作成する方法は

色々あります。

 

例えばプログラミング言語(HTML

やCSS)を覚えてテキストエディタと

ブラウザを使って一から作っていく方法。

 

様々な企業で有料無料を問わず販売、配布されている

ホームページ作成ソフトを使う方法。

 

また、無料ブログサービスなどを利用する方法など様々です。

 

 

 

 

カスタマイズ性で比べた場合、この中で一番自由でカスタマイズ性が高いのはテキストエディタ

とブラウザを使う方法になります。

 

しかし、プログラミング言語(HTML)を覚えなければいけませんし、また、配置や配色など

ホームページのデザイン(CSS)も勉強しなければなりません。

 

更に検索エンジンで検索した場合にページの始めの方に表示されるようにするには、ただ

ページの見栄えが良いだけでは駄目でブログラムの文法もきちんとしなければならないです。

 

「SEO」と呼ばれる検索エンジンの上位に表示されるための対策をやらなければいけません。

 

もちろんやらなくても良いのですが、作りたいページがビジネス用であった場合には必須で

すし、趣味のページでもせっかく作ったのですから多くの人に見て貰った方が嬉しいですよね。

 

こうやって色々なことを考えていきますと、確かにテキストエディタとブラウザを使った方法は

自由度は高いのですが、ウェブページをはじめて作る人や、速く作らなければならないという

方にはお勧めできません。

 

 

次に自由度が高いのは、ホームページ作成ソフトです。これは何種類かのテンプレートも用意

されていますしそれをカスタマイズすれば、ページを比較的楽に作ることができます。

 

しかし、テンプレートの種類も少なく、同じ様なデザインのページばかりができてしまいます。

また、テンプレートがgoogle好みにできてなくて、複雑な場合が多いです。

 

ブログラミングが簡素に、きれいにできていないと、検索上位表示が難しいと言われています。

賢威は、この部分がよくできているんです。

 

そのため、他のテンプレートよりも、有利に上位表示させることができるんです。

 

 

次にブログですが、テンプレートの種類は豊富ですが、ページ表示の形式が独特ですので、

用途を考えなければいけないということ。

 

SEOを考えていないテンプレートが多数存在するという問題があり、

選択を間違えると大変です。

 

そこで、僕がお勧めしたいのがSEOにバッチリ対応し、カスタマイズ性も高いテンプレート

パック「賢威」です。

 

よく「賢威って難しいよね」なんていうことがウェブなどで書かれいたりしますが、

コーポレート版やヘルシー版などあらかじめデザイン性の高いテンプレートが用意

されています。

 

それのタイトルを変更したり、文章を追加するなど編集を行うことで、簡単にオリジナルの

ホームページが作れます。

 

賢威が難しいと言われる理由として、カスタマイズが自由にできることが挙げられますが、

付属のテンプレートメーカーを使用すれば、簡単にSEOとデザインを両立した

テンプレートが作れます。

 

また、サポートページでは動画などで詳しく使い方を解説していますので、分からなくな

ってしまう心配もありません。

 

 

もう1つの問題が、賢威を使うには無料配布のワードプレスが必要になります。

 

実際に、2年ほど前までは、このワードプレスのインストールという作業が

大変で、難しかったことがあります。

 

しかし、最近は、ワードプレス自動インストールを、かなりのサーバーで

完備しています。

 

例えば、Xサーバーやロリポップなど。

 

この自動インスールのおかげ簡単に作業が進むようになりました。

 

また、Xサーバーは、なんとわからなくなったら、電話でサポートして

くれるんです。

 

僕も、お世話になりましたが、この電話サポートはありがたいですよ。

こちらの画面の状態を言えば、「それならこうしてください」と

丁寧に教えてもらえます(^_^)v

 

これで、ワードプレスの問題は解決しましたね。

後、賢威をワードプレスにインストールするのは、クリックするだけで

できてしまいます。

 

「賢威」は実際のビジネスのウェブページでも採用され、実績の高いテンプレートです。

簡単にホームページを作りたいなら、「賢威」がお勧めです。

 

 

あっ、それから最近は、物販アフィリエイトを賢威でしているアフィリエイターさんも、

増えてきています。

 

賢威は、ビジネスサイト、情報商材アフィリエイト、物販アフィリエイト

にも使えるんですね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ